tamphoto

Fujifilm X30とX70とX-T100とiPhone 7plusで撮るフォトブログ

かんがえる子ども

安野光雅さんの「かんがえる子ども」を読了。

 

自分で考え、判断することの中から、これはほんとう、これは嘘、とものごとを見極めていけるようになりたいと思うのです。「学問」とは、何がほんとうか、何が嘘かを判断していく、そのためにあるのだともいえます。

↑88ページから引用。

 

僕も、自分たちで考え、実践することの中から、これはうまくいく、これはうまくいかない、と見極めていけるようになりたいと思うのです。

アジャイル」とは何がうまくいって、何がうまくいかないかを判断していく、そのためにあるのだともいえます。

 

 

かんがえる子ども (福音館の単行本)

かんがえる子ども (福音館の単行本)