tamphoto

Fujifilm X30とX70とiPhone 7plusで撮るフォトブログ

鎌倉

オープンカー

6時6分

夕焼け

いつもの景色が違って見えるほんのわずかな時間

まっすぐに伸びる

まっすぐに伸びる力強さ

江の島

小坪から江の島を望む

17:46

江ノ電長谷駅

月と飛行機

リラックマ

じーっ

伸びざかり

土の中から地上に出てくるって 相当の環境変化だよね。 見つけたから食べちゃうけど。

桜を撮る人

ミモザ

コートを着ない日。 風は強いが冷たくない。 停車中の湘南新宿ラインの上に ミモザが揺れる

シーグラス

やっぱりね。 ここに君がいる。 そんな気がしたんだ。 やっぱりね。

江ノ電長谷駅

夕陽に向かって 懐かし色の電車が 走り出す。 トンネルを抜け、 極楽寺へ。 カーブを曲がって、 稲村ガ崎へ。 七里ガ浜へ走り出せば 左側に海が広がる。

1.61803398875

僕「うず丸くん、君は生まれつき黄金比で綺麗だね。」 うず丸くん「生まれつきってよく言われるけど、 実は毎日、黄金比でいようと努力しているんだよ。 コツは丸くなる丸くなるって唱えるんだ。 ほら、アンモナイトの化石で 黄金比じゃないのを見たことない…

海とカレー

海の見える カレー屋さんで ランチにした。 「となりのテーブルの家族 たくさん食べてたね」って 面白がる僕ら。

座りにくい椅子

春の妖精が ちょこんと 座って ひなたぼっこ カメラを向けたら 立ち去ってしまったよ

カメラ

観光地では カメラを持っている人が多くて それを見るのが好き

「笑えよ乙女」コレサワ

「そこで座っていても 世界は変わらないよ 空がこんなに晴れていること 気付かないまま夜が来ちゃうよ」 笑えよ乙女コレサワJ-Pop¥250provided courtesy of iTunes

薪と煉瓦

薪、 断面がまるい 年輪がぐるぐる 煉瓦、 茶色い 四角 同じ棚に 仲良く並ぶ

梅の花

気まぐれな散歩道 梅の花に誘われて 春の始まりの香り そういえば友達が 太宰府に行くって 言っていたっけ。

もぐらハウス

梅の小径 いぬのふぐりの青 枯れ草の白 新芽の緑 もこもことした土の山

蕗の薹

枯れ葉を カシャカシャ 踏みしめて歩く 栗のイガに気をつけてね 蕗の薹が 顔を出す

ちいさいホーム

鎌倉駅にはちいさいホームがあるよ

鎌倉産わかめ

海岸で 漁師さんが わかめを干し始めると もう少しで 春になる

自転車で 海に行って 砂と 貝と 波と 空と 山と 夕焼と 楽しそうな人たちを見た。 夕飯に遅れないように ペダルを漕ぎだしたら 月が 僕も見てよ、って浮かんでた。

夕焼け

坂の下の海岸で 稲村ガ崎の北の方に陽が落ちたあと、 自転車を飛ばしたんだ。 由比ヶ浜を通りすぎ、材木座海岸へ。 伊豆の山に陽が落ちて 夕焼けに染まる。 隠れていた富士山にも逢いたかったんだ。

うず丸と、とんがり

うず丸くんたち、 僕、とんがって見えるかい? でも僕だって、うず丸な時があるんだよ。 ほんとうだよ。

ビーチコーミング

水色の輝き見つけたよ。 砂浜には貝殻が打ち寄せるところと 砂だけのところがある。 貝殻が打ち寄せるところには きっとキラリと輝くモノが居るだろう。

右から左へ

僕から見ると右から左へ。 向かい側から見ると左から右へ。 本人達は真っ直ぐに前へ。 見上げてみてはじめて気づくこと達。